記事一覧

The TEAM【ザ・チーム】プロジェクト始動! オーダースーツサロン「レクトゥール」

世の中の「スゴイ!」「面白い!」と言われる製品やサービスを生み出すために企業や組織の中でともに挑む仲間、つまりその「チーム」にフォーカス。チームの魅力や個性を、“挑戦する装い=スーツ”スタイルで可視化し、発信するのが「The TEAM」プロジェクト。

[The TEAM FILE No.001]
働き方改革でアパレル業界を変える!?
プライベートオーダーサロン LECTEUR

有名セレクトショップ等で経験を積んできた若きフィッターが独立し、集まるオーダースーツサロン「レクトゥール」。不景気と言われるアパレル業界を働き方で変えようと奮起する姿に注目する。

图片描述


働く仲間もお客様も、思いを共有し
コミュニティの輪が広がってきた

“2人で始めて、徐々に仲間が増え、できることも増えた。漫画の『ワンピース』みたいだと言われます(笑)”―― 五十嵐さん

“ニューノーマル”のスーツ逆風時代に「売上は昨対120〜130%」と話すのは、レクトゥール設立者の一人、五十嵐裕基さん。人気セレクトショップの販売員出身だ。ファッション、スーツが好きという情熱を健全に仕事に反映できる環境を作り、業界を盛り上げたいとの思いを抱く。

「アパレルは不景気、販売員は低賃金で辛い、そんなイメージを持っている人は少なくありません。しかしそれを言っているだけでは変われません。雇われてノルマのために売るだけでなく自分でお客様との関係を構築し、いいものを提案できる、つまり販売員も営業もできるような意識改革が重要。積極的に仕事に向き合う店員が増えればそれがお客様にも伝播し、もっと服を楽しみたい人が増えるのでは。自身もそうでありたいし、そうなりたい人をサポートできる仕組みを作りたいのです」。

昨今、フリーランスの働き方が増え、個人でビジネスを行う流れがある。その意識を、仕事に結びつけているのがレクトゥールである。

「私達は実はそれぞれが個人事業主。仕事の進め方は各自自由ですが、サロンの空間や扱う生地など仕事道具を共有。そして“レクトゥール”として作りたい世界観を理解しながら同じ方向を目指します」(五十嵐さん)。

かつてオーダーやお直しを請け負う有名店の店長をしていた森岡さんは「同じ起業マインドのある人が集まる、洋服業界では新しいチーム。私も前の職場を退職し、自分で何かやろうかと考えているときに五十嵐さんに出会い、その思いに賛同して参加することを決めました」と話す。

同店は、お客様に40、50代からのミドルエイジ層と同様に20、30代の若い世代も多いのが特徴だ。

「スタッフと近い感覚で話せるので、若い世代の方も居心地がよいのかもしれません。お客様お一人ごとにじっくり話し、ご要望を聞く。知らない相手に上辺だけの接客で服を売らない、皆そういう気持ちです。それでお客様がリピーターとなり、また別の方を紹介してくださり、コミュニティが拡大してきました」。

レクトゥールに参加して約半年の荒川さんは「このチームは、各自が自立しながらも、同じゴールを目指せている」と目を輝かせる。“若い世代はファッションに興味がない”そんな一般論はどこ吹く風。業界を本気で変えたいと勢いに満ちている。

“装い”で魅せる“チーム力”

More about 【レクトゥール】

图片描述

一人一人がフリーランスであり、自分への責任を負いながら「レクトゥール」というチームの仲間として結束し価値観を共有する。それぞれがお客様一人一人と固い信頼関係を結び、服を売ることだけでなく、お客様にしっかり寄り添い、色々なことを話せたり共に体験できる関係を作り、コミュニティとしての絆が生まれ、その輪がどんどん大きくなってきた。

勉強会やお客様を交えた交流会など積極的に活動

图片描述


The TEAM’s Style & Profile
個性と楽しさを表すスーツスタイル

コンサバな着こなしから遊び着まで様々なスタイルを提案できるのもレクトゥールの強みだ。今回は、シャツやタイで明るい気持ちを引き出すような着こなしが目立った。レクトゥールを構成する個性豊かな10名のプロフィールとスタイル、そしてそれぞれが思うレクトゥールの魅力、面白さ、を一言ずついただいた。

图片描述




フェンディ服 コピー